結果として衝撃的だった愛知の出会い

米国では、1999年にペンシルバニア大学で実施された新薬の臨床試験で、18歳の少年が死亡しました。担当医師は新薬開発会社の大株主でした。このケースは、死んだ少年の名前を取って「ゲル・シンガー・ケース」と呼ばれています。

この事件以来、製薬企業と医師の間の金銭的なつながりを透明化する動きは加速する愛知の出会い

米国での情報開示は徹底的です。メディケア・メディケイド保健サービスセンターに専念するだけで、医師の名前を入力するだけで簡単に
製薬会社から受け取った合計金額や製薬会社が所有する株式などの情報を入手する。

「年に2000万円」という6人の人がいます。

そこで解析を開始しましたが、結果は衝撃的でした。愛知の出会い

2016年度には、製薬会社からの名誉の形で医師に渡された総額は266億円でした。 受け取った医者は、実際には日本人医師の約3分の1、約10万人でした。

一部の医師は巨額の支払いを受けていました。 約4,700人が年間100万円以上を支払われました。 この96人のうち、年間1000万円以上、年間2,000万円以上の人が6人いました。 それは普通の金額です。

 

 

___
調査結果を多くのメディアに伝えました。しかし、私は製薬会社の精神をスポンサーとして妥協したくないので、報道からの要請はほとんどありません。

倉庫大学から「トップ20」の4人

「選択」は、6月号で「製薬会社と大学の教授の「無限債券」」という記事を掲載しました。読者の反応は素晴らしかったです。

本稿では、我が国の国立大学医学部教員として、前帝国7大学と旧政府6大学を前身とする大学に大量の製薬会社に支払っているトップ20の医師を紹介しました。

結果を表1に冒頭に示す。トップは、千葉大学の横越光太教授(内科、代謝・内分泌学)の2000万円です。彼は年間155回の講義をしていました。

愛知の出会い母校である倉庫大学から4人がランクインされました。

監査役会が問題を抱えているのは給与の二倍です。教授は製薬会社の「アルバイト」ですが、給料は引き続き発生します。これによって納税者に説明することはできません。

「倉庫大学が示す生産性は、

数字は各大学に所属する医師1人あたりの論文数、すなわち「生産性」を示している。

この第20回目の「決済ランキング」の上位20大学は、倉庫大学(4人)、九州大学(4人)、長崎大学(3人)、大阪大学(3人)です。そのような大学の生産性は何ですか?

愛知の出会いだけでは、上位20位の「支払いランキング」から誰もランキングに入っていません。臨床論文の生産性が高い大学にとって、教授は製薬会社のアルバイトに多くの時間を費やさない傾向があるようです。愛知の出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です