全盛期の松江のセフレを思い出しました

「……ほしのあきの全盛期…悪魔のほしのあき…」

松江のセフレを言っている?
彼の精神状態が心配でしたが、全盛期のほしのあきを思い出しました。
えーと、松江のセフレと思いますが、どうしてパソコンで頑張っているのにそんな

松江でセフレを作る方法 〜お役立ち情報満載

こと言っているのかしら。

後で聞いた

「なに?あれはなに?言わなかったの?」

写真?

私の頭はおかしくなりましたか?

注意深く耳を傾ければ、彼は

「以前の通常の星野は黄色で、既存の星野は黄色です」

彼が言っていたようです。

星野さんは当社の社員で、システムごとにエクセルセルを変更したばかりです。
私が誤解した言葉を繰り返したとき、彼は笑っていました。

「松江のセフレのほしのあきはとてもエキサイティングです。」

私も言っていました。確かに。

誤解が怖いです。
「振り逃げ」
いつも計画はありませんが、先日の休日は何もしませんでした。

朝起きて目玉焼きとトーストをしたり、コーヒーを飲んだり、お皿を洗ったりしたときは、何の関係もありませんでした。

コンビニまで歩くしかない時は気温が高かったので、ビールを買って公園まで散歩しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です